今回の事例は、ジャケットの衿が脱色してしまったというご相談です。

お気に入りのジャケット、自然と着る回数も多くないますよね。

そして、ジャケットで肌に触れている部分。衿。

ここは皮脂や汗が着る回数だけ蓄積されていくので、他の場所に比べてどんどん汚れが溜まってきます。

その汚れは、いずれ繊維の色を流してしまったり、生地を痛めてしまったりします。こまめなクリーニングをオススメしますが、とはいえ着ていればいずれは変色や脱色が起きます。

衿の肌が触れる部分、他の箇所と色が変わってしまっていますね。

これは汚れでも変色でもなく、脱色です。本来あるべき色がなくなっているのですね。

こうなってしまうと、クリーニングだけでは綺麗になりません。無くなってしまった色を部分的に染色しないといけないのです。

単純に他の場所と同じ色で染色をするのではなく、無くなっている色だけを染色します。

ここが衣類の部分染色の難しいところですね。

難しい仕事ですが、それだけお客様に喜んでいただけると、こちらもやりがいを感じられます。

何より、またこの衣類が今度は普通のクリーニングで持って来てもらえた時が、一番の喜びです。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ