今回の修正事例は、着物の掛け衿に白くスレが起きてしまった部分の修正です。

着物は絹でできている事が多いため、鮮やかで光沢がある一方、摩擦に弱いと言うデメリットもあります。

襟の肌に当たる部分が白っぽくなってしまったり、帯によるスレで白っぽくなってしまったり。

そして、それをシミと勘違いして擦ってしまい、さらにスレが悪化してしまうといった事もございます。

スレの場合は斜めから見るとよくわかりますね。

これは繊維が摩擦により切断され、毛羽立ちとなっている部分が斜めからだと顕著に見えるためです。

つまり、直すためには毛羽立っている部分にだけ色で染める技術が必要になるわけですね。

アフターです。部分的に染色をして、スレによる白化がなくなりました。

これでしたらこれからも気持ちよくこの着物を着る事ができますね。

まずは大切なお着物にシミなどができてしまった時は、慌てて擦ったりせずハンカチでそっと抑える程度にしておいてください。

スレが起きていなければ、それだけ繊維を痛めていないので着物にとっても優しいです。

もし、襟の部分などが白っぽく見えた時は思い出してくださいね。それはシミではなくスレかもしれませんよ。

 

着物だけでなく、ネクタイもシルクで作られている事が多いのでスレのご相談は多いですね。 

ネクタイに出来てしまったスレの修正

ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ