今回の事例は、着物の裾についた汚れを取ろうとしたら、シミになってしまったというご相談です。

汚れに気づき、ちょっと拭いたらシミが広がってしまった。これはよくある話ですね。

着物だけでなく、洋服でもよくあるご相談です。本当はいじらずそのままお持ちいただくのがありがたいのですが、やはりその場では拭いてしまいがちですよね。

さて、今回の着物ではこのようなシミになっていました。

ちょっと大きく広がってしまいましたね。何箇所もあったのでしょうか。

元々のシミを見ていないのでわかりませんが、付いたすぐで慌てて拭き取らないといけない場合ではなく、時間がある時なら一度お持ちいただけるとアドバイスも出来ますので、お気軽にご相談くださいね。

さて、今回のシミは幸いスレなども起きていませんでしたので、広がったシミを一つづつ取り除きました。

強く擦ったりせずに、上からタオルなどで押し当てるように処理をされたのでしょうね。その点は幸いでした。

何かがついて、すぐに処理をしないといけない場合、ハンカチなどを湿らせて、上からそっと押し当てるようにしてシミを処理してください。こするのはダメです。

残っている時は、その場で無理はせずに、後日ご相談を。繊維を痛めないように処理をさせていただきます。

 

載せさせていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ