今回の事例は、ワイシャツの胸ポケットに差していたボールペンのインクのシミです。

仕事をしていると、ボールペンを胸ポケットに差していませんか?

そして、気がついたらポケットにインクが・・・そんなことってありませんか?

例えばこんな風に。

結構多いですよね。あとは、病院の白衣などでもよく見かけます。

さて、インクのシミですが、この小さなシミでもものすごい量のインクが染み込んでいます。

下手にいじると、どんどん広がって大惨事になります。最近は家庭での染抜き方法でボールペンのシミの取り方を教えていたりしますが、あれはあくまでさらっと書いちゃったぐらいのシミの場合。

このようなシミには、行わないことをお勧めします。どうしてもやって見たいと思う人は・・・まぁ止めはしませんが・・・

アフターです。薄くインクが残っている部分がありますが、会話をする程度の距離でしたら目立たないのではないでしょうか?

これだけのインクでしたが、思った通りのインクが出てきました。

やはり、あまり家庭で染み抜きをする場合、染み込んだインクについてはお勧めできませんね。

ぜひ、そのままお持ちください。

また、他のお店で処理をされたりすると急激に取れにくくなったりします。

ぜひ、信頼のおけるクリーニング店で染み抜きをご依頼ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ