今回は使おうと思ったら、シミが出ていたというジャケットの事例です。

2015481

仕舞っておいたら、変色していた。これはこの時期によくあるご相談です。

クリーニングしてしまっておいたのに、なんで?という事もあります。

今回は衿でしたので、おそらく衿に残っていた汗が変色して出てきたのだと思います。

通常、ジャケット等はドライクリーニングで洗われる事が多いです。メーカーからの支指示もドライクリーニングですし、型崩れや風合いなどを考えても、ドライクリーニングがベストでしょうね。

ただ、このドライクリーニングは非常に優れた洗い方なのですが、汗などの水溶性の汚れにはちょっと弱いんですよね。

これからの季節、ジャケットを羽織って出かけたら、ちょっと暑かったと言った日もありますよね。そんな時に使われたジャケットなどに、よくこのような症状が現れます。

2015482

しっかりと復元加工で元通りの白さに戻しました。これなら気持よく着て頂けますね。

また、こうならない為にも、汗を吸い込んでいるかもしれない衣類には「汗抜き洗い」をおすすめします。

水洗いが出来ないと表示されている衣類でも、しっかりとプロの業で水洗いさせていただきますよ!

これからの季節の衣類に、オススメです!!

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ