今回の修正事例は、しまっておいた掛け衣装に出来てしまった脱色の修正です。

大切にしまっておいた掛け衣装。いずれはお孫さんが生まれた時に、と大切にしまってある方も多いのではないでしょうか。

しかし、小さなお子様が着るお着物ですから、気付かないうちに汚れが付いている場合があり、その汚れが永い年月の末にシミから変色となり、最終的に脱色してしまうと言うことがあるのです。

今回お預かりした掛け衣装の袖部分です。赤っぽくなっている所がありますね。これは何かしらの、おそらくは目に見えなかった汚れが付いていて、その汚れが時間と共に脱色まで引き起こしてしまったのだと思われます。

例えばジュースなど、透明でも様々なものを含んでいるものもありますし、大人の方ですとお酒などの汚れから変色や脱色を引き起こしてしまう事もあります。

汗などもこの手の代表格ですね。

こうなってしまうと、色がなくなっているために通常のクリーニングや染み抜きでは綺麗に出来ません。しっかりと部分的に染色を施す必要があるのです。

アフターです。これで問題なく使っていただけると思います。

ごく稀にですが、この手の黒い部分に脱色が起きてしまったからとマジックで塗ってしまう方もいらっしゃいますが、実は結構色が目立ってしまうためにおすすめはしません。逆にマジックの色を落としてから染色といった手間がかかってしまいお代も変わってしまうので、ご家庭で無理にいじらずそのままご相談いただければ幸いです。

 

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ