今回の事例は、しまっておいた襦袢を使おうとしたら不明なシミがついていた、というご相談です。

着物関係は長い間しまっておくことが多いので、使おうと出した時にシミが見つかる、という事が多いですね。そのようなご相談は非常に多いです。

さて、今回は1つ身の襦袢。お孫さんに着せてあげたいとお子さんが着た襦袢を出して、このシミに気づいたとのことです。

袖の部分を写していますが、それ以外にも様々なところに同じようなシミがありました。洗っただけでは取れなかったので、やはり変色もしているようです。

絹以外にもアセテートやポリエステルなど、様々な素材が襦袢に使われている事が多いですが、やはりデリケートな品物です。

また、今回のように非常に思い出の詰まった品物という事が多いのですよね。ですので、修正をするときも最新の注意を払いながらの作業になります。

アフターです。しっかりと綺麗にする事が出来ました。

様々なご相談がございますが、どの品物もできる限りのことをさせて頂きます。

お困りの際は、お気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ