今回のシミ抜き事例は、ズボンにインクが付いてしまい、擦ってしまったと言う品物の修正事例です。

ボールペンのインクのしみ、万年筆のインクのシミ、様々なインクのシミがありますがどれも家庭で取るのは難しいですね。

特にべたっと付いてしまったインクは下手にいじるとインクが広がって余計に目立つシミになったりします。

さて、今回のインクのシミですがやはり広がってしまっていますね。

そして、いじって繊維に染み込み、取れずに乾いたりしますと最初の状態よりも取れにくいシミになってしまったりします。

やはりインクのシミはクリーニング店にご相談いただいたほうが無難かもしれません。

今回のシミのアフターです。

ほとんどわからない状態になりましたが、やはり結構大変でした。

仕上がりのことを考えても、料金のことを考えても、お気に入りの品物でしたらいじらずそのままお持ちいただいたほうがいいかもしれませんね。

ぜひ、無理せずそのままお持ちくださいね。できる限り綺麗に仕上がるように全力を尽くさせて頂きます。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ