今回の修正事例は、キャップのツバ部分に出来てしまった色流れの修正です。

被っていたキャップ。いつの間にかツバの裏に色が出ていたら驚きますよね。

今回お預かりしたキャップです。何やら黒い色が滲んでいますね。

何かなとよく調べてみたところ、帽子の内側のおでこが触れるところにある布部分「スベリ」と呼ばれる部分から色が滲むことがわかりました。

おそらく今年は夏がとても暑かったので、その気温の中で被っていたキャップの中も温度が高くなり、汗により色が流れたのでしょう。

お気に入りのキャップがこの状態だと残念ですよね。洗っただけでは色は取れませんので、復元加工を施していきます。

アフターです。しっかりと色を取り除かせていただきました。

実はかなりの汗を吸い込んでいたり、紫外線に晒されていたりとダメージを受けているキャップ。時々メンテナンスをお勧めします。

 

また、色が褪せてしまった時などもお気軽にご相談くださいね。

バレンシアガのキャップが赤っぽくなってしまった・・・

お気に入りのキャップ、ぜひお手入れしましょうね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ