今回のシミ抜き事例は、クリーニングから帰ってきて、かかっていたビニールのカバーをかけたまましまっておいたらカビてしまったシャツの染み抜きです。

クリーニングから帰ってくると、必ずと言っていいほどかかっているビニールの包装。基本的にはお店からお客様のご自宅まで品物を運ぶ間に汚れが付かないように付けています。

ですが、そのままクローゼットなどにしまってしまう方も多いと思います。埃などから守る事ができますので、メリットが大きいですからね。ですが、最近は非常に湿度が高いためカバーの中の衣類にも湿度が入り込んでしまうと、なかなか抜けないのですね。

そして、結果的にカビなどのトラブルが起きてしまうのです。

今回お預かりしたシャツをクリーニングされたお店は私どものお店ではないので、どのような洗いをされたのかはわかりません。ただ、そのお店にご相談されてお断りされてしまったと言う事で、当店にお持ちいただきました。

カビのシミはなかなかに厄介です。ですが、今回は生地の色が白ということと、素材も染み抜きに耐えてくれそうなので取りかかりました。

ですが、当然簡単に取れるわけではなく、このカビのシミ1つ1つを丁寧に取り除くわけです。

アフターです。とりあえずシミが取り除けました。

あとはプレスをして完了となります。

なかなかに大変ではありましたが、これでまたお気に入りのシャツを着続けていただければ私どもとしても嬉しい限りですね。

クリーニングから帰ってきた品物、まずはカバーを外して状態を確認してくださいね。

また、最近は特にカビのご相談が多いです。クローゼットに入れてある衣類、時々は空気を通してあげて湿気を飛ばしてくださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ