今回の事例は、袖についていた洗っても取れないシミです。

受付時に染み抜きのご依頼を頂くのですが、お客様が気になっている所以外にも、同じようなシミって付いていたりするんですよね。

気づいていないから、全く気にならない。

でも、気づいてしまったら気になってしょうがない。そういったものだと思います。

今回、染み抜きのご依頼を頂いたのは前身頃の部分。同じようなシミがあり、目立つのでクリーニングと染み抜きをご依頼いただきました。

洗う前には全体を確認しますが、その時にいろんなものが確認できるんですよね。

気がついていないと、大きなシミも目に入りません。

ですが、他の人は気づいているかもしれません。

アフターです。

染み抜きをした後、処理をした私たちはもともとあった場所を見ているので、非常に薄いシミも気づいてしまう時があります。

ですが、会話をする距離では気づかないレベルのシミだと、普通の人は気が付きませんよね。

完全を目指しますが、そのあたりを一つの線引きとして染み抜きをさせて頂いております。

繰り返しますが、お預かりした衣類ですので、完全を目指していますよ。

会話をする距離は、あくまでその結果なんですよね。

 

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ