今回事例はジャケットの襟部分の脱色修正です。

毎回ですが、とても多いご相談なので投稿の回数も増えるんですよね。

ジャケットの襟の脱色修正です。

理由は同じです。汗などの汚れが残っていると、いずれ変色となり、最終的には生地の色を壊してしまいます。

つまり、この襟の色が変わってしまっている部分は、色が無くなっている状態なんですね。

こうなると無くなっている色を使って部分的に染色をする必要が出てきます。そう、こうなってしまってからはどれだけ洗ってもだめなんです。

アフターです。脱色が収まりましたね。

大切な衣類。まずはしっかりとクリーニングを。

そして、それでも出来てしまった変色や脱色でお困りの際はお気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ