今回の修理事例は、スラックスのファスナーが壊れてしまったというご相談です。

さて、今では非常に多くの衣類に使われているファスナー。壊れたと言っても症状は様々です。

ファスナーを上げても降りてきてしまう。

ファスナーを上げたら下から開いてしまう。

このような場合は、もしかしたらファスナーの動く部分、スライダーと呼ばれる箇所の金属劣化かもしれません。

皆さんも経験がありませんか?こんな状態。

ファスナーが壊れてしまったらこのスラックスを諦めちゃいますか?

いやいや、それはもったいない。スライダーの交換をしましょう。それで直ることも多いのです。

アフターです。しっかりとファスナーがしまり、これでしたら問題なくお使いいただけますよね。

ファスナーは様々な場所で使われています。そして、使っているうちにだんだんと劣化します。

もし、ファスナーのトラブルでお困りの際はお気軽にご相談くださいね。

また、このような修理も受け付けております。

セーターに出来てしまった穴の修理

このような場合も、お気軽にご相談くださいね。

 

新町本店では衣類の修理担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場で処理方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ