今回の修正事例は、赤ちゃんのスリーパーに出来てしまった古い黄ばみの修正です。

大切にしまっておいた赤ちゃん用のスリーパー。また使おうと出した時に茶色く黄ばみが出来てしまっていた。これ、しまっておくと出来てしまうシミの典型例ですね。

しまう時は気がつかなくても、時間が経つごとに目に見えなかった汗などが酸化して茶色く変色して、目に見えるようになるわけです。

切ったリンゴの断面が、時間が経つごとに茶色くなるのと同じことですね。

お預かりしたスリーパーです。首や顔が当たるということは、もちろん汗などが付着するわけですからね。

さて、復元加工を施しましょう。

アフターです。しっかりと白さを取り戻しましたね。

大切な赤ちゃんには、やはり綺麗なスリーパーを使わせてあげたいですよね。

スリーパーに限らず、黄ばみなどでお困りの際はお気軽にご相談くださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ