今回のご相談は、ズボンの股部分にお小水で出来てしまった変色の修正事例です。

男性ですと、多くの方が悩みとして持っているこの問題。

クリーニングの仕事をしていると、割と見かけます。そして、相談も多いです。

ウールの品物ですとクリーニング店ではドライクリーニングをさせて頂くのが通常です。品物の型崩れもなく、優しく洗い上がりますし、メーカーからの洗濯指示もドライクリーニングになっていることが多いです。

ですが、汗やお小水など水に溶ける汚れはドライクリーニングで取れる量も限界があります。気が付いた時点で染み抜きなりクリーニング店での特殊水洗いなどをしてあればいいのですが、いずれは黄色い変色になってしまうのですね。

今回はドライクリーニングと特殊水洗い、染み抜きまでした後の画像です。それでもこれだけ黄色く残ってしまっているのですね。

ここから先は復元処理が必要となります。

アフターです。しっかりと黄色味が無くなっていますね。

非常に多いご相談です。生地が弱っていたりすることもあり仕上げりに限界があるときもございますが、悩まずお気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ