今回の修復事例は、セーターの脇部分が汗によって脱色してしまった状態の修復になります。

寒い時期に活躍するセーター。ですが、寒い時期とはいえ汗はかきます。

首回りや、脇の部分などは知らないうちに繊維が汗を吸っていることも多いのですね。

そして、その汗が時間が経つにつれて繊維の色を弱めてしまう事があります。酸化脱色と言われる状態になるのですね。

さて、この状態ですと、クリーニングをしても染み抜きをしても元には戻りません。なくなってしまった色を部分的に染めないといけないからです。綺麗にしようと洗っても、無くなってしまった色は戻りませんからね。

アフターです。できる限り目立たないように染料を使って部分的に染めました。これでしたら気分良く着ていただけると思います。

汗は衣類に様々なトラブルを引き起こしてしまう、厄介な汚れです。

何よりも厄介なのは、付いた時は透明なので乾いてしまうと気が付かなくなってしまうという事でしょうか。

しかし、確実に汗は衣類に染み込んでいます。そのままにせず、家庭で洗えないものはクリーニング店にご相談ください。

そして、もし脱色など起きてしまった時は、無理にいじらずそのままお持ちくださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ