今回の修正事例はデニムの色が移ってしまったスニーカーの色除去になります。

ジーンズが流行り出すと必ず起きてしまう事例です。好んで履いている方はご存知ですが、生デニムと呼ばれるような水洗い加工を施していないデニムの場合、そのデニムに擦れるだけで色が移ったりします。

トップスはもちろんのこと、鞄などにも色が移ったりしますし、もちろん靴にも色が移ります。

おろしたてのスニーカーなどですとびっくりするのと同時にガッカリしてしまいますよね。

この状態で慌ててご自身で擦って落とそうとしたりすると、さらに色を染み込まさせてしまう可能性があります。このような時はぜひ信頼のおけるクリーニング店にご相談をされることをお勧めします。

品物によっては落とせない事もございますし少し残ってしまうことも多いですが、それでもお客様が無理にいじられる前に処理をさせていただければ綺麗に出来る可能性は大きく上がります。

まずは新しいデニムで、洗い加工を施していない生デニムやリジッドデニムなどは着用する時に色が移る可能性があることを理解して着用しましょう。

そして、もしそれでも色移りでトラブルが起きてしまった際は、無理にいじらずそのままの状態でご相談くださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ