今回の修理事例は、ニットの脇の部分がほつれてしまった品物の修理です。

脇の部分は他の部分に比べて圧倒的に修理のご依頼が多いです。

動く部分なので、どうしてもほつれやすい箇所ですよね。

そして、普段着ていると気がつかず、クリーニングに出そうとしてお気づきになるお客様も多いです。

カウンターでの確認の時にスタッフが気付き、修理をお勧めした時に気づくって事も多いです。隠れている場所なので、知らずに着ていることってあるんですよね。

しかし、このままにしておくと、どんどんほつれは大きくなってしまいます。

ではどうしましょうか?クリーニングと一緒に修理はいかがですか?

ほつれている部分を塞がせていただきました。これでしたら安心して着ることが出来ますよね。

衣替えでニットをクリーニングに出そうと考えている方も多いと思います。そんな時にほつれなどありましたら、是非一緒に修理もご依頼くださいね。

 

また、ほつれだけでなく虫食いの穴の修理なども承っております。

カシミヤセーターの虫穴修理

 

お気軽にご相談くださいね。

 

新町本店では衣類の修理担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場で処理方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ