今回の修正事例は、ネクタイに出来てしまったスレの修正事例です。

ネクタイに白いシミが出来てしまった。とてもよく聞くご相談です。

しかし、それはシミではなく摩擦によって出来てしまったスレの場合も多いのです。

ネクタイはシルクで作られていることが多く、シルクはとても摩擦に弱い繊維です。

そして、ネクタイってシミがつきやすいんですよね。ですので、何かついた時にハンカチやお手拭きなどで擦ってしまう。それによって繊維に大きなダメージを与えてしまうことがあるんです。

今回お預かりしたネクタイです。このスレの特徴は、斜めから見ると白い部分がよくわかります。繊維が摩擦によって毛羽立ち、その毛羽立ちのせいで白っぽく見えてしまうのですね。

さて、これを修正するには毛羽立っている部分に同じ色で染めてあげる方法があります。

アフターです。修正した部分を斜めからよく見ると、やはり少し白っぽく見えてしまう事もありますが、これ以上斜めから見てもわからなくなるぐらい色を入れてしまうと、正面から見た時に濃く感じてしまうことがありますので、基本的に正面からみて目立たない所まで色を入れさせていただきます。

もしネクタイに何かシミがついてしまったとき。慌てて擦らずハンカチなどで上から抑える感じで止めておいてください。

そして、クリーニング店で染み抜きをご依頼ください。これがシルクで作られているネクタイを痛めないいちばんの方法だと思います。

もし、それでも白っぽくなってしまった時はお気軽にご相談くださいね。1点づつ、できる限りのことをさせていただきます。

 

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ