今回の事例はバッグの内側に出来てしまったカビのシミの除去事例です。

綿素材のトートバッグ。しまっておいて、使おうと出したら内側に点々と・・・

おそらく、カビかと思われます。

しまっておくと、湿気により出てしまうことがあるのですね。最近の住宅は気密性が高いので、カビのご相談が非常に多いです。

もちろん、洗っただけでは取れませんし、カビのシミは普通に染み抜き剤などを付けてシミ抜きをしても取れないことが多いです。

しっかりと復元加工をする必要がありますね。

アフターです。内側ですが、やはり綺麗な方が気持ちよく使えますよね。

カビのシミは全て綺麗に出来るかというと、やはり多少は残る事もあります。

気が付いたときは、早めにご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ