今回のシミ抜き事例は、塩素で色が抜けてしまったシャツの修正事例です。

まず、塩素抜けは完全に元に戻すことは出来ません。もともと使われている染料では染まらなくなってしまうので、なんとか同じ色をのせているといった感じです。

何度も洗っていると、修正した箇所の色がなくなって元に戻ってしまう可能性もあります。

まず、塩素を使うときは必ず服に付かないようにする。もしくは駄目になってもいい服やエプロンなどで塩素が飛ぶのを防ぐといった工夫が必要です。

さて、今回の品物です。

ガンダムに詳しい方でしたらすぐにわかるかもしれませんね。ランバラルです。

1箇所色が無くなっている部分がありますね。この部分に塩素が飛んでしまったのでしょう。

これではせっかくのランバラルシャツが残念ですので、修正をしてみましょう。

アフターです。これでしたら普段の会話をする程度の距離でしたら違和感なく着ていただけるかと思います。

ですが、最初に書いた通り、これがいつまでもこのままの色でいてくれる保証は出来ません。

まずは何より塩素を使うときは気をつけるということ。

そして、どうしてもと言う時はご相談ください。できる限りのことはさせて頂きます。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ