今回の事例はお子様の着物についていた古いシミです。

七五三のシーズンが近づいてきました。当店にも可愛らしい着物を多く見かけるようになりました。

お孫さんに着せようと、以前娘さんに着せた四つ身を出してみたら、目立つ所にシミが・・・なんて事、ありませんか?

なかなか着る機会は少なくても、大切にしまっておいた着物。出来ることならお孫さんに着せてあげたい。そんなご相談が多い時期です。

201610221

とはいえ、間違いなく10年以上は年月が経っているシミ。しかも、絹となるとシミによっての生地の痛みも進んでいるものと思われます。

そして、一番の問題は使うまでの時間ですね。この時期に気づく方が多いので、みなさん大慌てでお持ち頂きます。

出来る限りの事はさせて頂きます。やはり思いの詰まった着物ですものね。ですが、様々な状態を考えて、出来る限りまでとさせていただくことはご容赦ください。

201610222

今回のシミもよく見ると若干残っています。ですが、頂いているお時間、そして状態などを考えてここまでとさせて頂きました。

着物だけでなく、洋服のシミなども出来る限りの事はさせていただきたいと思います。すべてを元通りには出来ませんが、それでもすべての品物に全力で向き合わせて頂きます。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243