今回のシミ抜き事例は、作業ズボンを洗った際、ボールペンが入っていてインクがついてしまった品物のシミ抜き事例です。

ボールペンを入れたまま洗濯をしてしまった。これってすごく多いご相談です。

洗濯が終わり、服を出しているとインクがベッタリと付いている。そして、一本のボールペン。

慌ててしまいますよね。もう一度洗おうとか、石鹸で擦ってみようとか。漂白をしてみようなど、いろんなことを試されるお気持ちはとてもよくわかりますが、クリーニング店側からすると一番ありがたいことは「いじらない」です。

今回、そのままの状態でお持ちいただきました。実はインクのシミ抜きをするときは、取り切るまで手を止めません。一気に全て取り切らないと、インクの成分が繊維の中に残ってしまったり、乾いて染まってしまい取りにくくなったりといいことがないんです。

ですので、ご家庭でシミ抜きを試してからお持ちいただくと、それは最初よりも取れにくくなったインクのシミになってしまうのですね。

アフターです。しっかりとインクが取り除けました。

インクが付いてしまった時。慌てると思います。

ですが、何よりも大切なのは「いじらない」です。

慌てず、そのままの状態でお持ちくださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ