今回のシミ抜き事例は、着物の共衿に出来てしまった脱色の修正です。

着物を着ていると、どうしても汚れやすい部分があります。

袖口、ここは肌が触れるので汚れやすいですね。帯を締めるので汗もかきますし、裾も汚れやすい部分です。

そして、衿。ここは必ずといってもいいぐらい汚れます。ファンデーションのシミも多いですね。

ファンデーションでしたらシミ抜きやクリーニングだけで落とせる事が多いですが、脱色となると話は変わってきます。非常にデリケートな着物の染めですので、汗が残っていたりするといずれは脱色を起こすことも多いのですよね。

シミかな?と思われる方も多いかもしれませんが、実は色が抜けている状態です。

こうなってしまうとシミ抜きだけでは元に戻りません。無くなってしまった色を部分的に染色して元に戻す事が必要となってきます。

アフターです。これでしたら問題なく着ていただけるのではないでしょうか?

大切なお着物、いざ着ようとしたときにシミができていた、脱色があった。実は非常に多いご相談です。

無理に弄らず、そのままお持ちください。できる限りのことをさせていただきますね。

 

 

お着物は絹で作られている事が多いので、無理に擦ったりすると余計に酷くなってしまう事も多いです。

着物のスレ。酷い状態だと真っ白になってしまいます。

弄らず、そのままご相談くださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ