今回の修理事例は、保管しておいたスーツに虫穴が出来てしまったと言う品物の修理です。

ウールのスーツ。衣替えに合わせてクローゼットから出してみたところ、小さな穴が空いていた!

実は結構多いご相談です。

「虫に食われた」というやつですね。気が付かないうちに虫の卵がついてしまい、その幼虫がウールなどを食べてしまうために穴が空いてしまうのです。

しまう前にしっかりクリーニングを!とご説明していますが、黄ばみやカビの予防のほかに、このようなトラブルを防ぐこともできるわけです。

とはいえ、クリーニングをしてもしまっておいた場所に虫がついてしまうこともありますし、何より穴が空いてしまったら直さないとですよね。

このような織物の場合「かけはぎ」と「接着修理」のどちらかを選んでいただくことが多いです。

かけはぎは部分的に糸を一本づつ入れて直す高等技術。生地によっては直した場所が全くわからなくなるぐらい綺麗に直ります。ですが、もちろん高額です。

接着修理は穴が空いた部分に同じ生地を内側から貼る方法。目立つこともありますが、価格は安価です。

 

今回は穴も大きくないので接着修理のご依頼でした。

アフターです。少し盛り上がっている感じなので場所がわかりやすいと思いますが、これはアイロンで直しますのでそれがなくなれば目立たないと思います。

大きさや生地の種類によっては本当に綺麗に直る接着修理。価格も安く抑えられますので、ぜひ御用命くださいね。

 

新町本店では衣類の修理担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場で処理方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ