今回の事例は、家庭洗濯は✖️の品物をおしゃれ着洗いの洗剤で洗ったらシミができてしまったと言うご相談です。

おしゃれ着洗い用の洗剤。デリケートな品物も洗うことができるので、ご家庭でも常備している方が多いのではないでしょうか?

しかし、この洗剤で洗うことをドライクリーニングだと思ってらっしゃる方が今も結構いまして、クリーニング店側としては毎回説明をする羽目になります。

まず、基本的なこととしましてドライクリーニングは一般の家庭ではできません。水で洗うのではありませんので。

どのような洗剤を使おうと、どのような洗濯機を使おうと、水洗いは水洗い。洗濯表示で家庭洗濯の表示が✖️になっている品物につきましては家庭で洗うと大きく型崩れが起きたり、着られなくなる事が多いです。

ジャケットの袖部分ですが、袖の付け根あたりが茶色く輪じみになっているのが分かるでしょうか?

両袖がこのような状態になっています。ちょっと厄介なことになってしまいましたね。

もちろんクリーニングだけでは取れませんので、しっかりと復元加工を施す必要があります。

アフターです。しっかりと輪じみは取れました。

最初からクリーニング店に出していればこのようなことはなかったでしょう。

もちろん、クリーニング代だけでなく復元加工代も必要となりますので、金額も結構変わります。

なんでも自分の家で済まそうと思うと、逆に高くつくこともありますよ。

家で洗えるものとクリーニング店に出すべきもの。ちゃんと確認してからお洗濯をしてくださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ