今回の事例は、毛染めが衣類についてしまったというご相談です。

様々なシミや変色など、クリーニング店にはいろんなご相談があります。

そんな中でも、厄介なシミの一つに毛染めがあります。

生地の状態や種類など、毛染めのシミ一つとっても同じものはありませんが、一度染まるとなかなか取ることが困難です。

今回は自宅で毛染めをしようとして、毛染めの液が服に付いてしまったとの事でした。

幸いだったのは、比較的生地が染み抜きに耐えられる状態だったという事と、お客様がいじらずにそのままお持ちいただけたという事です。

いじられてしまうと、余計に生地の奥に入り込んでしまったり、しっかり定着してしまったりとその後の染み抜きに影響が出てしまうこともありますので。

今回は幸いにも無事に取ることが出来ました。

とはいえ、毛染めは厄介なシミに変わりはありません。

まずは大切な衣類に付かないように。

そして、もし付いてしまったときは、焦らずそのままお持ちくださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ