今回の事例は、浴衣の白い部分に色が写ってしまったというご相談です。

今の時期、お祭りに浴衣を着た方も多いのではないでしょうか?

一度着た浴衣は是非クリーニングをしておいてくださいね。汗などを吸っていることが多いので、しっかりと洗っておかないと次のシーズンに着ようとしたときに変色だらけ・・・と言ったこともあり得ますので。

さて、浴衣で多いご相談といえば色移り。

浴衣の柄からじわっと色が滲み出てしまう。結構多い事例です。

紺色の部分からじわっと赤い色が流れ始めていますね。

そして、白い部分には赤い色が移っています。本当はこのように色が流れないことが一番なのですが、浴衣はちょっと色の定着が弱いものもありますしね。

さて、このようになってしまったらどうしましょうか?

洗えば洗うほど色が流れ出てしまうと思います。きちんと復元加工で色を取り除く必要がありますね。

アフターです。滲み出ていた色もなくなり、白いところは白さを取り戻しました。

もし、浴衣の色写りでお困りの際はお気軽にご相談ください。

出来る限りのことをしっかりとさせていただきたいと思います。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ