今回の事例は液体絆創膏がスーツの衿に付いてしまったと言うご相談です。

様々なシミがありますが、厄介なのは固まってしまい取れなくなってしまったと言うパターンですね。

無理に取ろうとすると、生地を痛めます。しかし、ただ洗うだけでは取れません。

代表的なものでは、接着剤などがありますね。

この液体絆創膏も似たような感じです。しっかりと張り付いているので、なかなか生地からは離れません。もちろん、無理に取ろうとして擦ったりすれば、あっという間に生地を痛めてしまいます。

優しく繊維から取り除いていくイメージですね。

もちろん、洗っただけでは取れませんでした。適切な薬剤と方法で、繊維を痛めずに取り除きます。

もし、大切な衣類に気になるシミが付いた場合は、無理に擦ったりせずにそのままお持ちくださいね。

できる限りのことをさせて頂きます。

 

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ