今回の修正事例は着物のシミです。

今回はちょっと事例というより、こんなところも気を使っているのですよと言った内容です。

よくある着物のシミですね。おそらく年数は相当経っているでしょう。もちろん、クリーニングや通常のシミ抜きだけでは全く変化がありません。復元加工という方法を使って元の状態に近づけていきます。

さて、シミ抜きの途中経過です。花の周りにあったシミがなくなり、白くなりました。

これでいいかなと思われるかもしれませんが、実はこの状態だと白くなった部分が綺麗になりすぎていて、逆に目立つという状態になっているのです。

そんな時はどうするか。周りに合わせてわざと汚れの色を作って合わせるわけです。

白くなっていた部分に、周りと同じように汚れの感じを出しました。こうなると、シミがなくなり全体的にも同じように見えるので違和感が無くなります。

お着物のシミ抜きはシミを取ることも難しいですが、全体の雰囲気を違和感なくすることも大切です。

この後、花の脱色部分も修正してバランスを整えて終了です。

お着物のシミでお困りの際は、無理にいじらずそのままお持ちくださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ