今回の事例は、着物のシミをベンジンで処理しようとしたら輪ジミになってしまったというご相談です。

着物のお手入れにベンジンを使う方、多いですね。昔からの方法で、決して間違った方法ではないと思います。ですが、無理にこすったり、ただ塗るだけでは取れません。また、すべての汚れに有効というわけではなく、ベンジンでは取れない汚れも多いです。

シミの部分を中心に、輪ジミが出来てしまっていますね。

今回のシミは、何か付いてしまったまましまっておいたので、シミが変色してしまい簡単には取れないシミとなっています。

まずは輪ジミを除去。そして、変色を慎重に取り除いていきます。

非常にデリケートな生地です。そして、シミの部分は生地が痛み始めている可能性があるので、時間はかかりますが無理をかけずに。着物のシミ抜きが高額になってしまうのは、様々な理由がありますがその中の一つはこの部分です。洋服ではすぐに終わっているようなシミ抜きも、着物の場合はかなりの時間をかけて進めていきます。

アフターです。輪ジミと変色を除去し、脱色がありましたので部分的に染色をしました。

大切なお着物、しっかりとお手入れをしておけば、本当に永く着ることができますよ。

些細なことでもお気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243