今回のシミ抜き事例は、着物の柄部分に茶色いシミが出来てしまったとご相談いただいた着物です。

長い間しまっておくことの多い着物。長い間しまっておくと、しまうときは気がつかなかったシミなどがはっきりと目立つ状態になってしまう事などもあります。

今回お預かりしたお着物ですが、柄の部分に茶色いシミが出来てしまったとご相談を頂きました。もしかしたら付いてしまった時は目立たなかったのかもしれません。

例えばジュースやお酒など。透明な液体でも水とは違うのでさまざまな成分が入っています。その成分が残留して、酸化変色や発色をしてしまうのですね。

アフターです。しっかりとシミを除去させて頂きました。

まず大切なことは、しまう前にはしっかりとクリーニング。これでかなり変色を防ぐことが出来ます。

それでも残ってしまったようなシミや汚れが変色してしまった時は、ぜひご相談ください。

お着物に限らず、しまっておいた衣類は変色が起きている場合もございます。そのような時は慌てていじらずそのままお持ちくださいね。

適切な方法で繊維に負担をかけずに処理をさせていただきます。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ