今回の事例は、着物の衿の部分が脱色してしまったという事例です。

どうしても肌に当たる部分は、ファンデーションなどを取っておいても汗などが残っている場合も多く、少しづつ脱色してしまう事が多いです。

着物の場合は様々な直し方がありますが、今回は脱色部分だけを染色する部分染色を行いました。

2016251

今回お預かりした着物の衿部分です。白くなっているところは汚れではなく、色がなくなってしまっている状態です。

こうなってしまうと、いくら洗っても染み抜きをしても元には戻りません。

2016252

ですので、色を足す部分染色で綺麗にさせて頂きました。

私の所属している「信越長染会」では、「カラーリターン」という名前でこの技法を行っています。

もちろん、洋服にも行えますので、お気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ