今回の事例は、家庭で処理をされた着物の修正事例です。

タンスから出した時、衣類にシミや変色が出来ていたらどうしますか?

なんとなく家庭で処理しようとされる方も多いかもしれません。少し前はテレビや雑誌で家庭でできる染み抜き方法なども多く紹介されていましたからね。

ですが、その方法が全てに当てはまるかというとそういう訳ではありません。時には衣類を痛めてしまうことも多いです。

今回は着物の袖にシミがあったので処理をしてみたら和じみが出来てしまったとのことです。

裏も相当広がってしまいましたね。おそらくこうなるとは思わなかったでしょうが、この状態を戻すだけでもそれなりの手間がかかってしまいます。

また、シミの部分を擦られていたようで、すでに濃い変色している部分は繊維も痛んでいました。

まず、広がってしまった和じみを消し、家庭で洗剤などを使われていると残留が怖いので袖の部分を洗浄。そして変色を処理した後に擦れていた部分をできるだけ目立たないようにしました。

今回はここまで復元できましたが、中には復元が難しくなってしまった品物なども多く見かけます。無理せずにお持ちいただければと思う品物が少なくないのです。

ぜひ、大切な衣類にシミなどを見つけた時には、無理せずそのままお持ちください。

できる限りのことを1点づつ丁寧に処理させて頂きます。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ