今回の修正事例は、シミで強い黄ばみが出来てしまった襦袢の修正事例です。

襦袢は着物の内側に着るものですので、変色などが表にでるわけではありません。ですが、やはり黄ばんでいるのっていやですよね。特に今現在ですと、着物は特別な時に着ることがおおいです。ですので見えない部分とは言っても綺麗な方がいいですよね。

お預かりした襦袢です。かなり濃い状態の変色がありますね。

クリーニングを施しても綺麗にならず、通常のしみ抜きを施しても変化がありませんでした。

やはりしっかりと復元加工を施す必要がありました。

アフターです。今回はできる限りのことを施しましたが、完全に取り切ることは出来ませんでした。

ですので、今回は変色と綺麗な部分の境目をぼやかすように染色をしてわかりにくくしてあります。境目がはっきりしていると目立つ部分も、グラデーションになっていると自然になるのですね。

様々な変色がありますし、完全に取りきれない事ももちろんございますが、それでもできる限りのことをさせて頂きます。

諦めている衣類でも、お気軽にご相談くださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ