今回の事例は、紺色のジャケットの衿が、赤っぽくなってしまったとのご相談です。

ジャケットに限らず、衿の付いている衣類で、肌に触れる部分の色が変わってしまったという経験はありませんか?

時には汚れの場合もありますし、シミが変色している時もありますね。

ただ、厄介なのは、生地の色がなくなってしまった場合です。

衿部分のしみ、ということでしたが、これは生地の一部の色が無くなっています。

汗などの汚れが付着したままになっているとこのようになるのですが、非常に多いお問い合わせですね。

もちろん、色がなくなっているので洗っても染み抜きをしても元には戻りません。無くなった色を部分的に染色する必要が出てきます。

アフターです。

普段の会話をする程度の距離でしたら、違和感ないレベルに仕上げることが出来ました。

衿の脱色、非常にご相談の多い内容です。もし、お使いの衣類で同じような症状がありましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243