今回の事例は、綿のジャケットの衿部分が脱色してしまったというご相談です。

ジャケットの衿の部分、色が変わっていませんか?

衿は汗なので非常に汚れる部分です。

もし、その汚れがそのままだと変色が進んでしまい、さらには生地の色が脱色、繊維を痛めるところまで進んでしまいます。

今回お預かりしたジャケットです。今回は色が抜けてしまいましたね。

変色が進んでいるジャケットなども、その変色を取り除くとこのように生地の色が壊れてしまっていることは多いです。

もちろん、色がなくなっているので洗っても染み抜きをしても色は戻りません。

もう一度気持ちよく着ていただけるよう、しっかりと部分染色をさせていただきます。

いつも最初と最後だけですので、途中の写真も撮ってみました。

必要な色を生地に合わせた染料で作り、丁寧に染めていきます。

アフターです。着ていて、会話をする距離程度ならほとんど違和感はないと思います。

お気に入りの衣類は、やっぱり何回も着たいですよね。

そして、着れば汚れたりシミができたりするものです。

少しでも永く着ていただけるよう、一つ一つの衣類にしっかりと向き合いたいと思います。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ