今回のシミ抜き事例は、綿のズボンに付いてしまった接着剤の除去事例です。

いつの間にか付いてしまった硬いシミ。洗っても取れないし、擦るとスレが起きてしまいどんどん白っぽくなってしまう。意外と多いのは接着剤のシミです。

ふとした時に付いてしまうことってあるんですよね。そして、一度付いてしまうと洗濯をしてもほとんど取れません。そして、クリーニング店でクリーニングをしたとしても、取れることは少ないかと思います。

しっかりとシミ抜きをしないといけないわけですね。

シミに合わせて薬品を選び、無理せず時間をかけてでも繊維を痛めないようにシミ抜きを進めていきます。

力技では大切な衣類を痛めるだけでなく、シミが取れるというわけでもないのですよね。適切な処理が必要なのです。

毎日様々なシミのご相談を頂いております。一点づつ丁寧に取り扱わさせていただきますので、少しお時間をいただくこともございますがお気軽にご相談くださいね。

 

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ