今回の事例は、衿が茶色く変色したセーターの修正事例です。

洋服の襟の部分が茶色く変色したということ、ありませんか?

肌に触れている部分は、どうしても汗や皮脂による汚れが残っているとシミになり、そのままですと変色してそのシミは茶色くなってしまいます。さらには、生地の色を壊してしまったり。

いいことないですね。

着たらクリーニングでしっかりと汚れを取りきっておくことが何よりです。

では、変色してしまった衣類は諦めるしかないのでしょうか?

襟の部分に変色が見られます。

クリーニングをしても、通常の染み抜きをしても、ここまできてしまっては戻すことは出来ません。

しっかりと復元加工を施し、変色を取り除いて無くなっている色を部分的に染色することが必要になってきます。

アフターです。これならば通常のご利用には全く問題ないと思います。

まずはしまう前にクリーニング。しっかりと汚れを取り除いておきましょう。

それでも衣類で困ったことが起きてしまったら、無理にいじらず、そのままお持ちくださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ