今回の事例は、キャップの色あせ修正事例です。

洋服と違い、頻繁に洗ったりしないキャップ。クリーニングにお持ちいただいた時には色あせや脱色が起きていることがあります。

写真のキャップはクリーニング後の写真ですので汚れは落ちているのですが、どうしても色あせなどは直りません。

白くなっている部分に染色をする必要があります。淵の部分には脱色が始まり赤っぽくなっている部分もあったので、それぞれ色を作って染色をしました。

アフターです。

しっかりと黒さを取り戻しました。これでしたらこれからも永く使っていただけるのではないでしょうか?

脱色が進む前に、定期的にメンテナンスをするとキャップも長く使えますよ。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243