今回の事例は、綿のジャケットに点々と脱色が起きてしまったというご相談です。

様々な理由がありますが、しまっておいたり時間が経つと変色や脱色など衣類に良くないことが起きる場合があります。

ざっくりいうと、その場に何かしらの汚れが付いていた可能性が高いです。

付いた時点では目に見えない果汁や汗など。そのような汚れが、時間が経つごとに酸化して、生地や生地の色に悪影響を及ぼします。

部分的に脱色がおきていますね。この部分には、おそらく何かしらの汚れがついていたと思います。

その汚れが時間をかけて色を壊してしまい、このような状態にしているわけです。

こうなってしまったら洗っても元には戻りません。無くなってしまった色を部分的に染色させて頂きます。

アフターです。無くなっていた色を復元加工させて頂きましたので、通常の会話の距離でしたら違和感なく着ていただけると思います。

大切な衣類で気になることがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ