今回の事例は、ジャケットの袖口部分の脱色修正です。

様々なシミ抜きをさせて頂いておりますが、シミがついている場合と生地の色が抜けている場合とで大きく内容が変わります。

しかし、私たちのような仕事をしているわけでなければ、その違いを見ただけで判断するのは難しいですよね。

袖口の一部分が赤っぽくなっていますね。これは脱色です。生地の色の一部がなくなっているのですね。

こうなってしまってはクリーニングでもシミ抜きでも直すことは出来ません。復元加工を施す必要があります。

アフターです。部分的に染色を施させて頂きました。これでしたら問題なく着ていただけると思います。

衣類の様々なお困りごと。お気軽にご相談くださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ