今回の修正事例は、ジャケットの裏地に出来てしまった変色の修正事例です。

ジャケットの表側に出来てしまったシミなどは目につくので、すぐに綺麗にしようと思われますよね。

ですが、意外と裏地に関してはそのままの方も多いかと思います。

見えないところですが、やはり綺麗になっているに越したことはないですよね。

ジャケットの袖口部分です。この部分は直接肌に触れる事も多いので、汗や皮脂などが付着してしまうことが多いのですね。

そして、素材によっては水洗いが出来ずクリーニング店でドライクリーニングを行われるかと思うのですが、このドライクリーニングは特性上、汗を完全に取り切ることが難しいのです。なので、予防のためにウエットクリーニングを施しておくといいのですが、裏地なので汚れに気づかず変色を見て慌ててしまうといったことが多いわけです。

アフターです。しっかりと変色を取り除かせていただきました。これでしたら気持ちよく着ていただく事が出来ますね。

予防のためのウエットクリーニングと先ほどは書きましたが、それならばとご家庭で水洗いが出来ない品物を水で洗うことはお避け下さい。縮み、形崩れ、色流れなど、様々な弊害が起きてしまいます。また、元の形に整えるアイロンプレスも難しいかと思います。

ぜひ、クリーニングの際にお気になる点などをお伝えください。まずは予防が何より大切です。

そして、もし変色などが出来てしまった際は、慌ててご自身で処理をせずそのままお持ちください。

出来る限りのことをさせていただきます。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ