今回の修正事例は脇の部分が脱色してしまったセーターの修正事例です。

冬から春にかけて着ていたセーター。素材がウールなどですと家庭で洗って縮んでしまうことなどもありますので、しばらく着続ける方なども多いと思います。

実際、直接肌に触れる部分なども少ないですし、時々クリーニングに出していただければ大丈夫だと思いますが、気をつけて欲しい箇所が脇です。

冬場などでも脇部分は汗をかきますし、気づかぬうちにセーターにも汗が染み込んでいる事って多いんです。

そして、その汗をしっかり綺麗にしないで保管したりすると、やがて変色や脱色などが起きてしまうこともあるんです。

この品物は、汗により黄色く変色し、脱色も起きています。こうなってしまってはクリーニングをしても綺麗に戻ることはありません。しっかりと変色を取り除き、部分的に染色を施す必要があります。当店では復元加工と呼んでいますね。

アフターです。生地の色を戻しただけでなく、しっかりと脇の部分も汗の成分などはクリーニングしてありますので安心していただけると思います。

ぜひ、季節の変わり目などで衣類を保管される前にはクリーニング店にご用命ください。その時に気になる箇所などをお伝えいただけると、より安心ですね。

もし、今回のように脇の部分が変色していたときは、無理にいじらずそのままお持ちください。

丁寧にできる限りのことをさせて頂きますね。

 

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ