今回の事例は、セーターの袖付近にやぶれがあり、修理をご依頼いただいた事例です。

織物の場合はやぶれがあってもすぐに大きく広がることはありませんが、編み物の場合はそうもいきませんね。

ほつれ出してしまうと、どんどん穴が大きくなってしまい、最終的には取り返しのつかない事になることもあります。

さて、このやぶれをどうしましょうか。

編み直しという方法もありますが、今回は穴かがりというやり方で直してみたいと思います。

その名の通りかがるのですが、この方法が綺麗に仕上がるケースも多いです。また、価格を比較的抑えることができるのもいい点ですね。

アフターです。しっかりと直すことができました。

お気に入りのセーターで穴などが出来てしまった時、諦めずにまずはご相談くださいね。

新町本店では衣類の修理担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場で処理方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ