今回の事例は、塩素系の漂白剤がスカートに付いてしまったと言うご相談です。

塩素系漂白剤は食器の漂白やお風呂場などのカビの除去などによく使われます。

スプレーで泡の状態になって出てくるものなどもあり、とても便利ですね。

ですが、これが衣類についたりすると急激な変色を起こすときが多いです。

やはりスプレータイプの漂白剤が付いてしまったとの事でした。

結論から言いますと、塩素で脱色した衣類を元の染め方で染めることはおそらく不可能かなと思います。

染料ではなく、顔料という絵の具のようなものを使って部分的に修正させて頂きました。

アフターです。普段使いでしたら問題ないレベルに修正できたかなと思います。

ですが、どうしても修正した部分と元々の部分の染め方が違うため、使っているうちに違いが出てくることもあるかもしれません。

まずは塩素系の漂白剤を使う時は衣類につかないようにお気をつけください。

それでも付いてしまった時は、お気軽にご相談ください。

それと、洋服にシミがついたと言って塩素系の漂白剤をつけるのは厳禁です。覚えておいてくださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ