今回のシミ抜き事例は、留袖の背中部分に出来てしまったスレの修正です。

留袖は本当に綺麗な黒で染めてありますよね。あの深い黒、着ているうちになぜか白っぽくなっている部分はありませんか?

正絹の着物はどうしても摩擦に弱く、ちょっと擦っただけで白っぽくなってしまいます。これは、繊維が摩擦によって切れてしまい、毛羽立っている状態が白っぽく見えるわけです。

つまり、いくらクリーニングを施してもシミではないので取れないわけです。

しっかりと部分染色を施す必要があるのですね。

ビフォーです。留袖の背や脇は帯を締めた時の摩擦でもスレが起きてしまうことがありますね。それほどにデリケートです。

アフターです。スレ部分を染色して目立たなくすることが出来ました。

これでしたら普通に会話をする距離ぐらいでしたら問題ないかと思います。

お着物に出来してしまった白っぽい部分はスレの可能性が高いです。無理にハンカチなどで擦ったりすると余計に悪化してしまいます。

無理にいじらず、そのままお持ちくださいね。しっかりと対処させていただきます。

 

また、無理にご家庭でお着物をいじると悪化をしてしまうことが多いです。

着物のシミを家庭でシミ抜きしてしまうと・・・

大切なお着物、無理せずお気軽にご相談くださいね。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ