今回の修正事例は、留袖の襟が脱色により茶色っぽくなってしまったという着物の修正です。

非常にデリケートな着物の染めですが、それゆえに実は汗などにとても弱いです。

そして、その汗をしっかりと取り除いておかないと少しづつ着物の色が脱色してしまい、部分的に色が変わってしまうのですね。

襟の部分ですが、ちょうど肌の触れる部分の色が変わってしまっています。シミがついたというよりも、これは留袖の黒い色を作っている色の一部がなくなってしまい、残った色だけの状態になっている訳です。

ですので、どれだけ洗おうと染み抜きをしようと黒い色に戻ることはないのです。

部分的に足りない色を染色して元の色に近づけることが必要となってくるのですね。

アフターです。黒は非常に難しく完全に元通りとはなかなかいきませんが、それでも随分と良くなったのではないでしょうか。

これでしたら問題なく着用していただけると思います。

着物は一度しまうと長い期間そのままになってしまうことが多いです。ぜひ、湿気の少ない時期に広げて状態を確認して頂き、気になることなどございましたらそのままお持ちくださいね。

虫干しのサービスも行っております。お気軽にご相談ください。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ