今回の染み抜き事例は、白衣の胸ポケットに入れておいたボールペンのインクが溢れてしまったと言う品物の修正事例です。

非常に多いご相談の1つですね。インクの爆発とよく呼ばれています。

ポケットに入れておいたボールペンからインクが流れ出てしまった。

ポケットにボールペンを入れておいたまま洗濯をしてしまい、インクが洋服に付いてしまった。

今回はインクが流れ出てしまったパターンですね。

こうなってしまうと、このまま洗ったりするとインクがさらに広がってしまい、衣類が台無しになってしまう事も多いです。

しかし、このインク。物凄い量のインクが染み込んでいますので、落とすのも一苦労なんです。

そして、物凄い量の薬剤を使うことになります。高価な薬品をインクの部分に流し、どんどんインクを落としていくわけですが、ちょっと付いただけのインクと違ってほとんど一本分ぐらいのインクが染み込んでいたりしますので。

アフターです。しっかりとインクを取り除き、元の綺麗な白さを取り戻せました。

まず、インクがついてしまった時はいじらずそのままお持ちください。いじるとさらにインクが広がってしまい、落とすことが困難になる事もございます。

慌てず、そのままお持ちくださいね。お見積もりももちろん出来ますのでお気軽にご相談ください。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ