今回の事例は着物にシミが出来てしまい、周りが白っぽくなってしまったというご相談です。

絹でできている着物にシミがついた時、皆さんならどうされますか?

ハンカチで押さえますか?それともテッシュなどでつまみますか?近くにお手拭きなどあったら、それを使って擦りますか?

絹に一番よくないのはこすってしまう事。摩擦にとても弱いのが絹の特徴です。

まずはハンカチなどでそっと押さえて、ついたシミをハンカチに移すようなイメージで。

それから、染み抜きのできるクリーニング店などにご相談されるのが一番です。

今回の品物ですが、やはりこすられてしまったようで周りが白っぽくなっています。

そして、真ん中の部分は生地が傷んでしまい、完全に白くなっています。

絹の着物はこすると本当にこのようになってしまう事がありますのでお気をつけくださいね。

今回は部分染色で目立たなくする事が出来ました。

まず、シミがついたらハンカチなどでそっと抑える程度にしておきましょう。それだけでも随分と違います。

また、レストランなどで出てくるお手拭きは漂白や除菌で使われている漂白剤が悪さをする場合もあります。

着物などのシミの処理には使わないようにしてくださいね。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ